FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタッシュケースは凶器だ

2011/11/28 Mon

M蔵境のYーカドー前の横断歩道ですれ違ったサラリーマンにアタッシュケースをぶつけられた。
別に手をぶんぶん振って幼稚園児よろしく元気に歩いていたわけではない。
ごく普通に歩いていたところへ、小走りで向かい側から来た男の手にしていたアタッシュケースがワタシの左手に激突したのだ。

一瞬で左手に激痛が走り、その場で周りに聞こえるぐらいかなり大きな声で「いったーーいっ!!」と左手をおさえて立ち止まってしまった。
クルマは通ってなかったので引かれはしなかったけど、当人は背中越しに絶叫が聞こえたのか、後ろを振り返ると30代前半とみられるサラリーマンがこちらの方に振り返って「だいじょうぶですか?」と言う。
しかし、歩くのをやめず、自分の行く方向に向かいながら、だ。

こいつ、絶対自分が何かしたって自覚あるよね?!

ワタシは横断歩道のど真ん中でそいつを睨んで「痛いなあっ」と言ったんだけど、そいつはあくまで自分の向かう方向に歩きながら振り返って「大丈夫ですか?」とまた言った。

大丈夫じゃねーから痛いっつってんだよっ

そいつは2.3度「大丈夫ですか?」を繰り返し、やがて走り去った。
大丈夫ですか、とは何度も言うが、一度たりとも謝らずに走って行った。
身なりはきちんとしたぱっと見銀行マンみたいな男だった。
ぶつけてきたアタッシュケースは、黒い角が角張った象が乗っても絶対に壊れなさそうな堅いカバン。
やつにとっては"ぶつけた"のではなく"ぶつかって"しまったんだろうけど、そんなことは関係ない。
とにかくあれが他人を傷つけたことに間違いはないのだから。
凶器はあのアタッシュケースだ。

普段のワタシなら、追いかけて行って「名刺よこせ」と言うところだが、なんだかあまりの出来事にビックリするやらショックやら、謝られることなく去って行ったことに悲しくなるやら左手はジンジンするやらで、何の言葉も発せられなかった。

そして、今頃になって怒りがこみ上げてきたのでこうしてブログを書いている。
せめて「ごめんなさい」の一言が聞けたら、こんなに後味の悪い嫌な気持ちにはならなかっただろうに。
左手はまだ痛い。
すでにアザになっている。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ゆーふぉリま

Author:ゆーふぉリま
音楽とサッカーと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。