FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災

2011/03/21 Mon

2011年3月11日14時46分、それは突然やってきた。
後に「東日本大震災」と名づけられた、国難ともいわれる誰もが始めて経験する前代未聞の大地震。

カタカタと始まった部屋中の揺れがだんだんガタガタになり、やがてゆっさゆっさと揺さぶられるように足元が揺れて本当に恐ろしかった。
棚から物がバタバタと倒れては落ちてきて、さらに恐怖感を煽られる。
3Fの自宅にいたワタシは、いつもとは違うやけに長い揺れにただならぬ予感がしてあわてて玄関のドアを開け放ったあとは、部屋にひとり、ただおろおろするばかり。
両足を踏ん張って立っていても倒れそうになる。
だんだん船酔いのような感覚になった。
こんな強烈な地震はもちろん初めて。

余震が続くその後明らかになったその被害は想像を絶する惨憺たるもので、以来テレビはCM一切なしの報道一色に。
亡くなった方や行方不明者の数は日増しに増え、テレビの画面は被災者の方々の様子を伝え、しばらくはなんとも重く暗い気持ちになりました。

あれから10日がたち、少しずつではありますが日本はもとより世界中から支援の手が差し伸べられ始めています。
この震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方にはどうか希望をもって立ち直っていただきたいと思います。
もう既にがんばりきっている方にがんばれとは言いません。
が、支援物資も各地に届き始めています。
どうかもうひと踏ん張りしていただきたいと願ってやみません。

それからもうひとつ、福島の原発事故、という被害も明らかになり、世の中が騒然としています。
「フクシマ」はチェルノブイリ、スリーマイル島に並ぶ世界的に大きな原発事故になるそうです。
大変なことです。
いまこうしている間にも、日本で起こっている前代未聞の大事故に東電の技術者や自衛隊、警察、消防の方々が命懸けで立ち向かっています。
父が消防士だったので、ある意味他人事とは思えず報道に見入ってしまいます。
どうか、どうかお身体に気をつけて、あらゆる知恵と力を結集し、がんばってほしいと心から思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ゆーふぉリま

Author:ゆーふぉリま
音楽とサッカーと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。